工学部・大学院

Faculty of Engineering / Graduate School

食品・環境化学系 2・3・4年次 食品・環境化学コース

 >  工学部・大学院  >  工学部  >  食品・環境化学系 2・3・4年次 食品・環境化学コース

材料・環境・バイオ・食品などについて学び、“持続可能なものづくり ”の技術を身に付けます。

食品・環境化学コース

新潟県の一大産業である食品産業の高度化に対応するため、AlやloTなど工学的先端基礎の上に食品の取り扱いや栄養・加工・保存・安全性などを学びます。
また、環境・材料の分野において環境への負荷を最小限にした“持続可能なものづくり‘‘の知識と技術を学びます。
化学を共通の基盤に、実験を通して物質の安全かつ適切な取り扱いやデー タ分析・判断力を養います。

食品・環境化学コース

新潟県の一大産業である食品産業の高度化に対応するため、AlやloTなど工学的先端基礎の上に食品の取り扱いや栄養・加工・保存・安全性などを学びます。
また、環境・材料の分野において環境への負荷を最小限にした“持続可能なものづくり‘‘の知識と技術を学びます。
化学を共通の基盤に、実験を通して物質の安全かつ適切な取り扱いやデー タ分析・判断力を養います。

ピックアップカリキュラム

電気回路
食品機能学

食品には、おいしさと共に身体のはたらきを整える作用が知られています。従来は単に何となく身体によい食品と言われていたものが、近年、科学的にその作用が認められるようになってきました。こうしたいわゆる「機能性食品」について、体系的に学びます。

生体情報計測
環境化学

PETボトルやレジ袋など、プラスチック(高分子)材料は私達の日常生活の中で最も身近に存在しますが、近年では、環境保全を目標に使用量削減が重要な課題となっています。そこで、環境にやさしいとされる「生分解性高分子」を取り上げ、その性質・特徴と化学構造、成形加工法を学びます。さらに、その原料物質と地球温暖化防止技術との関連性についても理解を深めます。

光エレクトロニクス
発酵食品学

納豆、漬物、みそ、しょうゆ、鰹節、酒のような日本の伝統的な食品や飲料、パン、ヨ ーグルト、キムチ、ワイン、ビール等海外で生まれたもの、これらは、いずれも発酵によって加工されたものです。近年ではアミノ酸や抗生物質等も発酵によって作られているものもあります。発酵食品学では、発酵の原理・特徴について学びます。

グリーンエネルギー
環境材料化学

太陽光発電、発光ダイオード(LED)、光触媒などは、環境負荷の少ない製品や技術として知られています。これら製品には化学によって開発されたさまざまな材料が使用され、最近は材料開発の進歩によリ高性能化されています。このような環境にやさしい材料の合成や性質について、化学的な視点から学びます。

OTHER 物理化学/有機化学/無機化学/化学工学Ⅰ・Ⅱ/生化学/微生物学/分子生物学/ 食品化学/高分子化学/機器分析化学/反応工学/高分子材料化学/食品加工学/栄養学/食品工学/食品安全学/食品・環境化学コース ゼミⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ/食品・環境化学コース 実験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/卒業研究 etc.

先輩からのメッセージ

五十嵐千華さん
五十嵐千華さん 工学科 化学バイオコース4年(高崎商科大学附属高等学校出身)
学びたい分野がもっと好きになる!

私は新潟県内の食品関連会社への就職を希望しています。食品に関係したことが学べるコ ースを選択し、研究室では 米タンパク質とクロレラタンパク質の機能性について研究しています。先生も先輩方もとてもフレンドリーで丁寧に教えていただいています。苦手な科目があっても大学で基礎から教えてくれるので心配しなくても大丈夫です。やりたいと思った分野を選べば、さらに興味を持てるような研究が待っています。

教員からのメッセージ

久保田真敏准教授
久保田真敏准教授
食と健康をテーマに新しい発見を!

新潟県の最も重要な農産物である米。そのタンパク質に注目し、 肥満抑制効果、生活習慣病の予防効果、食物アレルギーに対する有効性など、さまざまな健康機能に関する研究を重ねています。また新たなタンパク質供給源として価値が見直されているクロレラについても調べています。食べることが好き、食と健康に興味がある学生と一緒に新たな研究に取組んでいます。学生には将来、県内の食品メーカーで活躍してほしいと願っています。

コース紹介動画

資格

取得できるもの 高校学校教諭一種免許状(工業) ※教職課程履修者
取得を支援するもの 甲種危険物取扱者
品質管理検定
毒物劇物取扱責任者
バイオ技術者認定試験
環境エキスパート検定試験
公害防止管理者
環境社会検定試験
3R・低炭素社会検定
環境計量士(濃度関係)
食品安全検定

主な卒業後の進路

食品系、化学系企業の製造技術者、各種メーカーの環境関連に従事する技術者 など