大学院・工学研究科

生産開発工学専攻

学部教育との連携を重視したカリキュラムを構成し、
基礎的な力に裏付けられた専門的な知識の修得を目指す

産業界における技術は、近年、著しい進歩を遂げましたが、それは同時に学際的になっています。研究開発型企業が増え、新たな技術開発とそれを支えるより高度な専門性を身につけた技術者が求められるようになりました。この社会的要請に応え、本学は、より高度な教育を行う場として大学院工学研究科の充実を図ってきました。

本学の建学の精神に基づき、本専攻では、日進月歩の技術革新を担う高度な専門性を要する職業に従事する人材の育成、あるいは現在研究開発に従事している社会人の再教育などを行っています。

大学院の構成

大学院構成

教育の特色・サポート体制

教育体制
  • 学部4学科とリンクする4つの教育研究分野が設置されており、一貫性のある効率的な教育を行うことで基礎力のある技術者として成長することができます。
  • 広い視野を持ち、新しい情報を柔軟に取り入れる素養を身に着けるため、他の教育研究分野の開講科目を受講することができます。
  • 企業の第一線で活躍している技術者や研究者による特別講義を実施し、先駆者の着眼点や事例を学ぶことができます。
研究環境
  • 指導教員と常にディスカッションしながら力を合わせて研究を進めることで、課題を発見し、解決策を見出す力を育成します。
  • 企業との共同研究を通じて、現場における具体的な問題解決を経験することで、課題発見と問題解決の実践力を伸長します。
  • 指導教員と連携して学部学生の指導を日常的に行っていくことで、コミュニケーション力とリーダーシップの養成を図ります。
経済支援
  • 本学学部卒業生及び新潟工科大学産学交流会会員企業からの社会人の入学者については、学費の半額免除制度があります。
  • 本学学部卒業生で学部在籍時の成績が優秀であった者には、学費を全額免除する制度があります。
  • 海外での学会発表を援助するための渡航費補助制度があります。

教育の目的・育成する人材像

修士あるいは博士号取得者として求められる専門知識・技術の修得はもとより、ものづくりの現場で必要とされる能力の伸長に力を注いでいます。プロジェクトチームを率いつつ、自ら課題とその解決方法を発見し、それを実行することができる技術者が求められています。このような 「リーダーシップがあり、即戦力として貢献できる技術者」の育成を行っています。